取組紹介

食の「もったない」を「ありがとう」に変えるプロジェクト
NPO法人フードバンクかごしま

取組の紹介

安全に食べられるのにも関わらず捨てられてしまう食べ物が日本にはたくさんあります。その量はなんと年間約800万トンとも言われています。800万トンという量は日本のお米の年間生産量と同じぐらいの量です。
一方で日々の食事に事欠く人たちも年々増えてきています。最近では、飽食の日本で餓死してしまう事件も発生していますし、両親と離れて暮らす子ども達を受け入れている児童養護施設も食事に関する費用を工面するのが大変な状況にあります。

私達のプロジェクトではフードバンク活動を通じて、企業や個人から廃棄しなければならない食品を無償で提供してもらい、食に困っている人達に無償で届ける活動を行っています。まさに、「もったいない」を「ありがとう」に変えられるプロジェクトです。

また、食の「もったいない」についての啓発活動をしながら家庭内などで発生する「食べ残し」を減らし、食の大切さとありがたさを伝える活動も行いながら食育を通じて日本の食料自給率の向上にも寄与しています。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

食品廃棄物を減らす事による食料自給率の向上や食品に関する廃棄物を減らす環境対策だけでなく、食の「もったいない」についてみんなが考える社会になるこを目指しています。
また、誰もが参加できる場作りを目指し、食品の提供だけでなく、運搬などの時間の提供や運営費の寄付など、誰もが自分に出来る事の少しずつを集めて、「もったいない」を「ありがとう」に変える橋渡し役として活動を続けて行きたいと思っています。

実行委員会からのコメント

食物残渣の積極的活用は、普遍的課題です。新しい生活をスタートする時に一人一人が過去を振り返って考える。「自然の恵み」へのコミット(感謝)は、新しいエコなライフスタイルの意識啓発につながります。