取組紹介

土佐山アカデミー
NPO法人土佐山アカデミー
第1回グッドライフアワード
活動拠点:
高知県高知市土佐山
WEB:
http://tosayamaacademy.org/
Facebook:
https://www.facebook.com/tosayamaacademy

取組の紹介

多くの課題を抱える現在の日本。都市部への人口の一極集中による過疎化や、それに伴う食糧・エネルギー自給率の低下等、様々なひずみが生まれてきている一方で、人々のつながりと、豊かな自然、そして古くから受け継がれてきた知恵や文化を残す、土佐山のような地域には、未来へのヒントがたくさん隠されています。

そんな地域で実際に暮らしてみて、多くの人と出会い、学び、まずは自分たちの手で何かやってみる。私たちは、そんな事が気軽に挑戦できる機会を提供し、地域に人が巡る仕組みを作ることが事が重要だと考えています。

土佐山アカデミーは、地域内外から多様な人々が集う「学びの場」を目指し、ワークショップから長期滞在の枠組みまで、多彩なプログラムを実施しています。地域の資源に目を向けるきっかけを提供する事によって、自然と調和した暮らしの文化を学び、より豊かな社会づくりを目指す人材を育むのが目的です。

年間を通して定期的に開催しているワークショップには延べ900人が受講し、これ迄に4期開催されている3ヶ月の滞在型プログラムでは、総勢27名の参加者を土佐山に受け入れ、日々地域の方々との交流を図ってきました。

参加者は滞在中、地域内の空き家を活用したシェアハウスに暮らし、日常的に開催される地域行事等に参加。地域住民と参加者が活発に意見を交換し、親睦を深めている姿が見られています。そのような場面で参加者の方々は、地元目線では見えて来ない土佐山の魅力を存分に語ってくれ、場の雰囲気が一気に活気づいたものになっているのが見受けられます。

私たちは、こうして地域の財産に改めて価値を見い出し、土佐山に人々が集い、学びの場としての新たな魅力が加わることで、「人づくりから始まる持続的な地域のモデル」につなげていきたいと考えています。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

今後は土佐山のファンになってくれた方々を繋ぐ、広域的なネットワークの構築や、地域の資源を活かした具体的な生業やプロジェクトの創出を目指します。そのためにも、地域内外の人に開かれた、よりオープンな学びの場として、多種多様な人々が集まり、土佐山の資源やフィールドを活かして実践しながら、教え学び合う、そんなコミュニティを育んでいきたいと思います。

実行委員会からのコメント

地域には多くの知恵やヒントが存在すると思います。都心部では忘れがちな価値を呼び起こし、サスティナブルとは何かを考える意義深いプロジェクトになっていると思います。より多くの方々が参加し、ますます発展されていくことを期待しています。