取組紹介

エネルギーを上手に使おう!プロジェクト
NPO法人北海道グリーンファンド
第1回グッドライフアワード
活動拠点:
札幌市
WEB:
http://www.h-greenfund.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/h.greenfund

取組の紹介

冬が長く寒さも厳しい北海道は他の自治体と比べ、家庭のエネルギー消費が約1.5倍にものぼります。電気や燃料価格の高騰、地球温暖化や震災以降のエネルギー使用への関心の高まりなどを背景に、道民のライフスタイルの見直しへの関心は増してきています。しかし省エネに関する情報は本州の暮らしをもとにしたものがほとんどで、道民の生活実態からかけ離れていることが多く、北海道にあったものとはなっていません。
本プロジェクトは、気象条件の厳しい北海道においても、少ないエネルギーで快適に暮らせる仕組みづくり構築のため「旅するエネセン」をツールに活動するものです。旅するエネセンは、省エネにつながる情報発信や、相談機能を持った「移動式」エネルギー情報センターです。テントを改良してつくった「ガラガラちゃん(移動の時ガラガラと音が出るからガラガラちゃんと命名)」と「ワークブック」の活用が柱です。
ガラガラちゃんと一緒にイベント等へ出展・参加し2013年度は、LEDの認知度や浸透度のリサーチをきっかけに、照明や省エネの情報を直接お伝えしました。「長年疑問だったことがわかった!」「なるほどそうだったのね?」「新しい発見があった!」など、たくさんの反応と「ありがとう」の声が返ってきています。
ワークブック「おうちでできるエコ探検 省エネへGO!」を活用した親子エネルギー講座では手作りのエネルギー教材に感激していただき、親子で挑戦したエコレシピも美味しかったと好評。参加者だけでなく、主催者も笑顔いっぱいになる取り組みです。
私たち北海道グリーンファンドは、市民風車などにより安全でクリーンなエネルギーをつくることと同時進行で「エネルギーの使い方」に目を向け、少ないエネルギーでも快適に暮らすことのできるライフスタイルにシフトしていく生活者を増やし、持続可能なエネルギー社会を未来世代に残すことを目的として活動しています。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

照明情報に加えて、住宅の省エネ情報も追加した「旅するエネセン」と一緒に、北海道内各地を訪問するとともに、札幌市内では、試行的に同じ場所で定期開催して、開催日には気軽に市民が参加できるものにしていきたいと思います。
ワークブックは、エネルギー教育用ツールとしてバージョンアップすることを目指します。WEBを活用し、実施場所から離れた地域の人にも、エネセンからの情報を提供することを目指します。

実行委員会からのコメント

地域に根差した活動はより身近となり、多くの人を巻き込むことができると思います。持続可能なエネルギー社会の実現はこのような地域ごとの課題を緻密に対応していくことが求められると思います。ますます多くの方々が興味をもってもらうプロジェクトになることを期待しています。