取組紹介

新座っ子ぱわーあっぷくらぶ にいざネイチャークラブ
環境教育支援ネットワークきづき
第2回グッドライフアワード
活動拠点:
埼玉県新座市

取組の紹介

 新座市内を主として四季折々そこに生育する動植物の調査や黒目川の生き物や水質調査、孟宗竹でイカダ作りなど行っている。
 また、ソーラークッカーで太陽光を集めてスープやポップコーンを作ったり、生き物に親しむ講座で地元の乗馬倶楽部で馬の習性や乗馬体験、雑木林で拾った木の実などを使った工作やリース作りなど自然体験を通して「きづき」・「共有」・「振り返り」を重視した活動をしている。

活動のきっかけは?

 次世代を担う子どもたちに失われつつある新座の自然の状況を知るきっかけ作りの場の提供をしようと活動を始めた。
 また、より良い環境作りを幼いころから行う必要性(きづき)を感じてもらいたいと思い、活動に取り組んでいる。

問題解決のために取り組んだ方法

 県・市・地域と協働で地域の子どもたちのために何ができるかを検討し、教育委員会ですでに行っていた「新座っ子ぱわーあっぷくらぶ」の中に「にいざネイチャークラブ」を取り入れていただき、地域のみなさんの協力を得て活動をしている。

今までの成功のポイントは?
  • 行政と協働で推進している(参加者募集は教育委員会で全小学校に広報、埼玉県の水環境課より依頼の水質調査や川の生き物調べ等)
  • 市内大学のインターン生など大学生の参加
  • 地域の協力(乗馬クラブ・農家・樹医・写真愛好家・看護師・料理研究家等)
プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

 当クラブで我々と共に学んだ子どもたちが、今後地域でリーダーとして活躍してくれることを期待している。
 このような活動の輪が、文教都市新座の幼稚園、小・中学校、高校、大学と広がっていき、新座全体が環境に優しい都市に発展していくことを望んでいる。

プロフィール

 当団体は、市民・環境団体・企業・学校・行政などが連携・協力して、次世代を担う子どもたちを主体に、環境教育や意識啓発、環境活動などがより効果的に推進できるよう、各種支援活動をしていくことを目的とする。

実行委員会からのコメント

地域の自然環境の大切さを学んだ子どもたちが将来、地域のリーダーになることまで見据えており、地域活性化のために重要な取組です。今後も、活動範囲や参加者の拡大など、取組が発展していくことを期待します。