グッドライフアワード
環境省
環境省 > グッドライフアワード > 取り組み紹介

取り組み一覧

aurinco Creative Action Project
個人
第4回グッドライフアワード
活動拠点:
中野区中野
カテゴリー:
仕事 教育
WEB:
http://www.aurinco-times.com/sc/14.html
取り組みの紹介

これはaurincoというクリエイター個人の持つクリエイティブな力で地球環境を伝えるプロジェクトです。実際の活動は趣味に近いかもしれませんが、大事なのは「意識」することじゃないかと思います。私は意識を持ってNPO団体や企業、個人という垣根を飛び越えて様々な方々とともに活動をしていきます。
<活動実績>
・絵本「ニホンカワウソはまだここに?(仮)」/愛媛県で観察が継続されている場所を取材し創作。
・Web絵本制作「飛騨国分寺の大イチョウ」
・Web絵本制作「神代の桜」
・キャラクター「スティル」/キャラクター企画コンペ特別賞、生物多様性アクション大賞入選。
・イラスト提供/民族紹介カード、サンクスカード(SVA)
・サカキモチーフアイテムを雑貨メーカーと制作、販売中。
・アオキモチーフグリーティングカードが東急ハンズグリーティングカードデザインコンペ入賞、販売中。
・「グリーンセイバー・ベーシック」称号取得

活動のきっかけは?

2014年、とあるエージェントがキャラクター企画コンペを一般公募していました。このコンペに応募したく、絶滅種の動物をモチーフに決め、その舞台設定をするために地球の誕生からを改めて調べ始めました。もともと絶滅種や絶滅危惧種という言葉に敏感でしたが、この時の学びから絶滅種の歴史や原因、それが意味することを考えるようになり、この活動を始めることとなりました。

問題解決のために取り組んだ方法

・紙芝居読み聞かせ、絵本の寄贈(Web絵本「飛騨国分寺の大イチョウ」)で後世に地域自然の歴史を伝える

今までの成功のポイントは?
  • 未来環境を考え行動するのは当然のことと捉え、「自然保護」「環境活動」を強く前面に出さない。
  • 視覚的に楽しさや見易さ、親しみやすさ、気軽さが伝わるものづくり(クリエイティブ)を行う。
  • プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

    まずは、すでに制作したオリジナルキャラクター「スティル」の絵本の出版もしくはアニメーションなどを使った多くの人の目に触れる形で公開をしていきたい。また、身近な植物をモチーフにしたイラストの雑貨デザインのさらなる展開とブランドの確立、環境について積極的に活動する団体との積極的なクリエイティブワークの増加を目指し、環境活動の多様性がより広がっていくといいなと思います。

    プロフィール

    1979年宮崎県生まれ。高校・短大ともに産業デザイン科修了。2000年より印刷会社にグラフィックデザイナーとして勤続後、単身渡英。1年7ヶ月後帰国、拠点を東京に移す。IT系企業にWEBデザイナー・SPアプリデザイナーとして勤務。2014年フリーランスとして独立。企業との絵本制作やイラスト、WEBデザインや雑貨デザインなど幅広いデザインに従事しています。

    地球環境の悪化について、普段からあまり意識して生活している人は少ないと思います。そこに、絵本という親しみやすいツールを使って「意識」させることのできるこの取組は、環境を考えるいいきっかけになると思います。様々な団体とつながりながら、取組が広がっていくことを期待しています。
09290538075s_1.jpg
09290538075s_2.jpg
09290538075s_3.jpg
09290538075s_4.jpg
09290538075s_5.jpg
▲ ページ上部へ