グッドライフアワード
環境省
環境省 > グッドライフアワード > 取り組み紹介

取り組み一覧

「アーバン・シード・バンク 里山BONSAI」プロジェクト
株式会社 環境ビジネスエージェンシー
第4回グッドライフアワード
活動拠点:
種苗採取地と圃場:静岡県熱海市下多賀、里山BONSAI製造:神奈川県平塚市上吉沢(進和学園)、里山BONSAI企画販売:東京都千代田区神田錦町
カテゴリー:
その他 教育
WEB:
http://urbanseedbank.com/
Facebook:
https://www.facebook.com/urbanseedbank/
取り組みの紹介

今、日本には、人の手が入らない真っ暗な里山がたくさんあります。私達は、そこに眠る在来の種子(シードバンク)から苗を育て、里山の自然を盆栽のように小さなプランターに再現しました。この「里山BONSAI」を造るのは、神奈川にある進和学園の障がい者の方たちです。当社森林再生事業で長年苗木を供給頂いてきた御縁がある彼らから「私達の苗木も使って欲しい、小さな里山造りにも協力させて欲しい」とお申入れを頂きました。彼らの手で生まれた小さな里山は、都市緑化のためのプランターとして販売され、売上は、真っ暗な里山の整備に還元されます。「里山」に元気をとりもどし、「都市」を日本在来の緑や生物で豊かにし、「障がい者」の就労を支援する、3つの課題を解決する活動を通じて、生態系や、絶滅危惧種も含まれる日本の在来植物を保護、育成し、地域の林業復活を支援、里山の持続可能な暮らしを実現するプロトタイプとなることを目指します。

活動のきっかけは?

植林活動を継続してきた当社に‘08年、遊休資産として放置され続けた熱海の山林を引受て欲しいとの相談が入りました。最初は熱海市に引き受けてもらえないか打診しましたが、林業が絶滅した熱海市では受皿が無く、結果的に我々で所有することを決め、'10年から近隣ボランティアを中心に再生活動を開始したところ、森の機能がどんどん回復し様々な植物が芽生えました。そこで、継続的施業管理の必要性を痛感したのがきっかけです。

問題解決のために取り組んだ方法

1. 7.5haの荒廃里山の休眠埋土種子から生まれた苗を近隣耕作放棄地に設置した圃場で育て、2. これら在来種苗を寄植えした「アーバン・シード・バンク里山BONSAI」を作り都市部で販売開始、3. 圃場運営~苗木の出荷ノウハウはマニュアル化し、森林インストラクター協会のシニアボランティアに業務委託、4. 里山BONSAI製造方法をマニュアル化、神奈川県授産施設での製造ラインを確立・業務委託、事業モデル化しました。

今までの成功のポイントは?
  • ①生物多様性の保全:25%は絶滅が危惧されている里山の植物を都市部で保護・保全することで、本来の里山を再生。
  • ②里山ボランティアと障がい者への支援:苗木代は里山ボランティアや福祉作業所の収入に、「BONSAI」の製造委託費は障がい者の自立支援に繋がり、持続可能な里山保全活動と福祉的就労支援に。
  • ③未利用資源の有効活用:発芽できず淘汰されてしまう在来の休眠埋土種子の育成・活用、国産間伐材や端材を器として利用。
プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

アーバン・シード・バンクは生態系を攪乱しないように、環境省「生物多様性のための国土区分」(平成13年10月)に則り、産地と設置場所を同一区分内に限定している。これまでに、関東全域をカバーする「本州中部太平洋側地域」におけるノウハウを確立、今後は「少し頑張れば誰でもできるビジネスモデル」として、全国の荒廃林をターゲットとし、各地の里山ボランティアや障がい者福祉作業所を巻き込み、全国展開を目指す。

プロフィール

関連組織であるNPO環境リレーションズ研究所で実施した社会実験の結果を基に、企業が生活者を巻き込むための環境経営や環境事業を企画・実行支援。ヒト、モノ、カネ、情報、あらゆる経営資源をコーディネートしながら、クライアントにとって最適な環境ビジネスの提案やその実現に向けて、多面的かつ継続的な支援を行っています。

この取組は、小さな里山のおすそ分けをしているようなイメージを連想させ、第2回アワードで環境大臣賞最優秀賞を受賞した「天然山菜採り代行サービス~山のめぐみを、おすそ分けっ!~」とコラボレーションしてもおもしろいと思いました。
森林ボランティアや障がい者の皆さんと一緒に、ビジネスの視点で、取組が持続可能になる仕組みを考えて活動されているところが素晴らしいです。
ぜひこれからも長く続けられることを期待します。
06230654841L_1.jpg
06230654841L_2.jpg
06230654841L_3.jpg
06230654841L_4.jpg
06230654841L_5.jpg
▲ ページ上部へ