グッドライフアワード
環境省
環境省 > グッドライフアワード > 取り組み紹介

取り組み一覧

ミライカレッジ菊池「おばあちゃんの栗山を守るプロジェクト」 菊池暮らし体験ツアー
熊本県 菊池市
第5回グッドライフアワード
活動拠点:
熊本県菊池市
カテゴリー:
その他
WEB:
http://www.city.kikuchi.lg.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/search/top/?q=癒しの里菊池
取り組みの紹介

熊本県菊池市では、平成27年度より地域資源等を活用した体験を通じ、本市での交流、移住・定住の促進を行っている。この取組みでは、本市の里山に住む人と都市部に住む人との交流を深め、「人と人との絆」や「繋がり」を形成し、菊池市ファンの獲得、さらには本市への移住に繋げることを目的としている。
 今年は、本市の里山である重味(しげみ)地区において、一人で「栗」を育てる80代のおばあちゃんにスポットをあて、都市部に住む人とともに、栗山で、汗をかきながら森林保全・清掃・収穫を行った。また、「栗」を一つひとつ手作業で丁寧に加工し、6次産業化を実現するためのスイーツ作りにもチャレンジした。
 この取組みを通して、里山に住む人々の「活躍の場」が広がり、都市部に住む人々には、地方での暮らしの現状を体験したことにより、これからの生き方・暮らし方を見つめ直す機会となった。

活動のきっかけは?

「心の充足感を満たす『癒しの里』づくり」
モノの充足感より、心の充足感が求められる現代。本市では「癒しの里きくち」として、世界的な潮流である自然回帰、健康志向に対応したまちづくりを進めている。地域の魅力(資源)である「水・自然」「文化・歴史」「温泉」を背景に、市民のみならず多くの人に癒しの場(=命の洗濯)を提供し、菊池ファンにつなげていくことがこのプロジェクトの原点である。

問題解決のために取り組んだ方法

「菊池ファン」を増やすには、まず市民の「心の充足」が大切!
そのために市民の「活躍の場」を広げることを重視した。
達成1)多様な交流
都市部の人と市民の交流の場として、暮らし体験ツアーの実施。
重味青空楽市部会(しげみあおぞららくいちぶかい)は、地区の人々の生きがいを創出する場として設立された。週末には、家庭菜園などで育てられた野菜や惣菜の販売を実施している。
市民提案型事業による「栗だごフェスタ」の開催
栗をキーワードにイベントを催し、子供から大人までが、楽しむことで、地域活性化を促す。
達成2)「栗山の保全から商品化」へのチャレンジ
本プロジェクトの一環として、都市部でスイーツコンテストを催し考案された栗スイーツを、生産地で共有し、保全・収穫の現状から加工、販売を試みる。ここでは、おばあちゃんや地元の人の参加を促すとともに、市民だけに限らず参加者の「心の充足感」をも高め、地域の活性化へと導く。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

平成29年11月に行なわれるジャパンハーヴェスト(主催:農林水産省)にて、今回の事業で考えた栗スイーツを販売・実証する。このイベントで本市の魅力を多くの人に伝え、体験することで、「菊池ファン」獲得につなげ、今後は4つの地域の特色を生かしながら、市民と共に「癒しの里きくち」のまちづくりを担っていく。

プロフィール

菊池市は、熊本県の北東部に位置し、豊かな自然と市街地が調和した「癒しの里」です。
菊池川の源流である「菊池渓谷」をはじめとする豊かな自然環境と中世平安時代から450年もの間活躍してきた「菊池一族」の歴史を紡ぐ文教のまちです。今年4月には、この菊池川流域で作られた米作りの歴史と文化により日本遺産として認定されました。

130_栗山集合写真
130_スイーツコンテスト
130_栗ダゴフェス
130_栗拾い
130_地元交流
▲ ページ上部へ