取組紹介

番組”the SOCIAL” とSDGsキャンペーン報道
日本テレビ報道局
第7回グッドライフアワード
活動拠点:
東京都港区
WEB:
http://www.ntv.co.jp/the-social/
Facebook:
https://www.facebook.com/theSOCIAL24/

取組の紹介

(応募する取組の概要)the SOCIALの取り組みについて
日本テレビ報道局がインターネット対応型ニュース番組として放送・配信している"the SOCIAL"。
「ソーシャルグッド・アイディアグッド」をコンセプトに、
社会課題の解決を目指し、世の中にポジティブなインパクトを与える情報を
社会起業家やNPO代表ら多彩なゲストとともに生放送でお伝えしています。
この番組で異例の1か月ブチ抜き「SDGsキャンペーン月間」を制作しました。
(特徴・意義) 2019年9月SDGsキャンペーン報道
1ヶ月間全ての放送日(19日間)でSDGsに関連する取材企画とゲストによる報道を集中的に行いました。
企画動画24本、インフォグラフィック136本、様々な分野からのゲスト20人など
番組のリソースとネットワークをフル活用して、
the SOCIALを見るだけでSDGsが分かることを目指しました。
これは同年9月末に予定されている国連総会直後に各国首脳らが一堂に会するSDGsサミットを前に
日本国内のSDGsについての関心度を高め、世論を活発にする狙いがあります。

活動のきっかけは?

きっかけ ”番組テーマと関わる皆様のお話”
the SOCIALでSDGsの目標に強く共感したことが原点です。
日常的な番組で「生き方/働き方/障害/環境/人権」等を扱い、
ゲストや取材先の皆様からSDGsについて耳にする機会が増え、
私達もSDGsの理解促進に一役買い、地球規模課題を解決する一助になりたい、と企画に至りました。
また規模感を”1か月ブチ抜き”と設定しインパクトを出すことで訴求力も高めた異例のキャンペーン報道が実現しました。

問題解決のために取り組んだ方法

「日本列島を縦断し」SDGsに特化して活動を描いた動画24本
テレビディレクターが既にSDGs分野で先駆けとなる団体・企業やそれ以外の取り組みも取材。
the SOCIALがこだわる"SDGsについて発見があり実例を学べる"動画シリーズを制作しました。
136通りのインフォグラフィック! SDGs 17項目 × 8つの情報
番組専属デザイナーが、SDGsの課題を伝わりやすく、多くの人に届けるためインフォグラフィックを制作。
SNSで拡散することにより、テレビや新聞に触れる事が少ない層が興味を持つきっかけにしています。
学生団体などから再利用の依頼が来る等、様々なシーンで需要のあるコンテンツとなりました。
"社会起業家やNPO代表ら多彩なゲストのSDGs観を伺える"
番組内ではゲストがSDGsに取り組む上での課題感について経験を踏まえ持論を語って頂きました。
初めてSDGsに取り組む際にも参考となるエピソードが豊富で、視聴者行動を後押ししたり
行動のキッカケづくりとなる言葉が連日飛び出しました。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

今回はSDGsについてのキャンペーン報道についての申請をいたしましたが、番組コンセプト「ソーシャルグッド・アイディアグッド」に基づいて、環境省様のグッドライフアワードが掲げる「環境と社会にとってよい暮らし」が実現するような番組を制作し、社会を変える一旦を担い続けて参りたいと考えています。
今回のSDGsキャンペーンも一過性のものとせず、2030年の課題解決まで取材を続け、番組で取り上げ続けていく所存です。

プロフィール

視聴者にニュースを届ける最前線
記者 ディレクター カメラマン キャスター・・・様々な業種が行き交う報道フロア。
ここから私たちは24時間ニュースをお伝えしています。
夕方「news every.」は女性から、夜「news zero」は若者から、日曜日夕方「真相報道バンキシャ!」は幅広い年代の方々から指示され、おかげさまでいずれも民放No.1という支持を頂いております。
また「日テレNEWS 24」では「the SOCIAL」の放送・配信を行う等、実験的試みを続けています。