取組紹介

創業100年の八百屋、野菜のカネマツSDGsプロジェクト
~信州松代から、地球の恵み、自然栽培の野菜を細胞に届けます~
有限会社カネマツ物産(とカネマツ倶楽部有志)
第8回グッドライフアワード
活動拠点:
長野県
WEB:
https://808gohan.base.shop/
Facebook:
https://www.facebook.com/kanematsu.club/

取組の紹介

創業100年の地域に根ざした八百屋である私たちの使命は、地元の自然栽培野菜を全て買いきって、流通させ、皆様にお届けし、自然栽培野菜が儲かる社会にすることです。 これまで試食イベントや農家さんによる講演会などを開催してきました。また、貴重な野菜たちを余すところなく使い切るために、自社でお惣菜にして冷凍販売しています。 直近ではオンライン食事会を開催して、コロナ禍の中でも私たちや農家さんの思いとともにお野菜をお届けしています。

野菜講座のイベントの参加者は合わせて1000人以上。農家の溢れた野菜を購入する「畑の応援パック」の会員80人。お弁当は約1万食、スープは6500食、お総菜は1万2千食販売。農家と消費者を繋げるNAGANO農と食の会では毎月定例会を行い(現在ライブ配信)、91回開催し参加者は延べ2200人、会員は500人以上になりました。会員によるイベント開催、開業、障がい者施設や被災地に野菜や冷凍お惣菜を届ける(6000食以上)取り組みが12件以上、自発的に生まれています。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

学校、病院、会社への野菜、お惣菜の導入と、社会的弱者の食の格差の解決、農家の経済的自立支援

プロフィール

カネマツ物産は、大正初期から100年続く長野県長野市松代にある八百屋です。大型市場の流通も経験しましたが、より農家と消費者、環境のため、地元の自然栽培農家の支援が中心になりました。野菜全ていただききるため、生鮮の販売だけでなく、お弁当作りと、惣菜加工、冷凍での販売をし、消費者にお届けしています。
2020年より、5代目の3兄妹に引き継がれました。小山家家族4人で、親しき仲にも礼儀ありで、楽しく、誇りを持って励んでいます。