取組紹介

平時の低炭素化と災害時のレジリエンスに貢献する
「スマートホーム・コミュニティ」
さいたま市
第8回グッドライフアワード
活動拠点:
埼玉県
WEB:
https://www.city.saitama.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/city.saitama

取組の紹介

我が国が抱える多くの課題を解決していくために、さいたま市美園地区を舞台として、行政だけではなく、民間企業の活力や、大学等の知見を取り入れた「公民+学」の連携により、先進技術を活用しつつ、高度・高質化、多様化する住民ニーズに対応し、地域住民のQOLの向上、環境負荷の軽減、災害時のレジリエンス性確保とともに、地域コミュニティが育まれたまちを実現する「スマートシティさいたまモデル」を推進する取り組みを実施してきました。その一環として、平時の低炭素化と災害時のレジリエンス性を高めた住宅の普及促進に向けたモデル街区の整備を実施してきました。

地元のハウスメーカー3社(株式会社中央住宅、株式会社高砂建設、株式会社アキュラホーム埼玉中央)とさいたま市では、再生可能エネルギーを効率的に使用するスマートホームで構成される街区「スマートホーム・コミュニティ」の構築・普及を目指し、100戸程度のモデル街区を整備する計画のもと、2017年3月に第1期スマートホーム・コミュニティ33戸として整備しました。2018年からは第2期として、さらなる再生可能エネルギーの活用促進・災害時のエネルギーセキュリティの確保に向け、地域内での電力融通が可能となる仕組みの構築を進めました。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

これまでの取り組みで得られた知見を基に、災害時でも電気が止まらない街区を目指して、最終モデルとなる第3期の整備を進めるとともに、普及展開のための方策を、地元ハウスメーカー等とともに検討します。

プロフィール

人口130万人を突破。埼玉県内唯一の政令都市

2001年5月1日
浦和市・大宮市・与野市の3市合併により埼玉県下で初めての100万都市として誕生

2003年4月1日
全国で13番目となる政令指定都市へ移行

2005年4月1日岩槻市と合併し、現在の10の行政区に

2007年 人口120万人を突破
2018年 人口130万人を突破
政令指定都市で9番目の人口数