取組紹介

空き家×太陽光発電から始まる地域循環共生圏
株式会社太陽住建
第8回グッドライフアワード
活動拠点:
横浜を中心とした全国
WEB:
https://www.taiyojyuken.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/taiyojyuken

取組の紹介

地域に点在し、地域の困りごとになりがちな「空き家」を借り上げ、太陽光発電や防災設備を備えた拠点にコミュニティメンバーがDIYでリフォームし再生させる取組。平常時は町内会館的なコミュニティスペ ースとして地域住民やコミュニティメンバーが利用する「つながりの場」となり、災害時には防災拠点としての機能を発揮する。この新たな「つながりの場」を地域課題を地域ビジネスで解決する地域循環共生圏の拠点とすることで、SDGsゴール11「住み続けられるまちづくりを」の達成を目指している。

横浜市磯子区にある空き家を借り上げてリフォームを行い「Yワイひろば」と名付け、1階はオープンスペースとして地域住民に無償で開放し、2階の個室はレンタルオフィスとして貸し出す事業を展開。2階の個室利用者には1階のオープンスペースで定期的にイベントを実施してもらい、地域住民とのつながりを創出。町内会が定期的に利用する町内会館としての機能を果たしながら、2階の個室利用者(企業)との共有スペースがあることで、つながりが生まれ新たなビジネスに発展する機会を生み出した。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

課題を抱えた地域と地域課題の解決を支援したい個人や企業が結び付く「つながりの場」を、空き家の DIY と いう一緒に作る体験から共有し、その地域の関係人口を増やす取り組みとして発展させる。これにより空き家を地域課題の解決に資する地域循環共生圏の拠点として機能させていきたい。

プロフィール

2009年10月に株式会社太陽住建を創業。
障がい者の方々を含めた施工チームで太陽光パネル販売施工を展開。
ヨコハマSDGsデザインセンターの地域コーディネーターも務める河原が、空き家活用の新規事業立ち上げ、外部の複業人材を募ってチームをつくり取り組んでいます。