取組紹介

太陽光事業の新プラットフォームブランド
一般社団法人GOOD ON ROOFS
第8回グッドライフアワード
活動拠点:
全国
WEB:
https://gor.or.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/goodonroofs

取組の紹介

一般社団法人GOOD ON ROOFSは、日本国内での再生可能エネルギー普及とアフリカなど途上国の電化率向上を同時に推進する日本初のプラットフォームブランド。日本国内では 民間企業や自治体から未活用の屋根を借り受け賃料の一部から寄付を集めることでアフリカなどの途上国の主に学校の電化に貢献。中小企業など独自に有効なCSV(Creating Shared Value) 事業を行いにくい企業に参加の機会を作っていく新モデル。

・プロジェクト開始後半年で10社のパートナー企業が参加
・昨年8月のTICAD7では外務省エリアにブースを設置、アフリカ諸国の首脳に対し本事業への支援を依頼
・今年1月雑誌「Forbes Japan」による「Small Giant Award 2020」に協賛企業がGOOD ON ROOFS事業を紹介しグランプリを受賞
・今年11月GOOD ON ROOFSのCSV第一号案件として、ベナン共和国 ジョンコレ小学校で太陽光発電プロジェクトを完工予定(当初は7月の完工予定が社会事情COVID-19による海外渡航禁止により延期)

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

2021年にベナンで2箇所の小学校で太陽光発電プロジェクトを実施予定。国連UNDPとの協業覚書締結交渉中。

プロフィール

一般社団法人GOOD ON ROOFSは、企業にCSV (Creating Shared Value/共通価値の創造)を提供し日本国内での再生可能エネルギー普及とアフリカ
など途上国の電化率向上に貢献する事を目指します

日本国内では50億m2(東京ドーム100万個分)の工場や倉庫の屋根が何も活用されず放置されています。一方、サブサハラ(サハラ砂漠以南)の電化率は45%で6億人が非電化地域で暮らしています。 GOOD ON ROOFSは、国内で太陽光発電によりクリーンエネルギーを創出し、遠く離れたアフリカの学校に明かりを灯すことを、企業がCSV活動として、社会的価値の創出と企業の経済利益活動を同時に実現する為に設立された一般社団法人です。