取組紹介

エネルギーの地域完全直接利用型の太陽光発電システム
株式会社アズマ
第8回グッドライフアワード
活動拠点:
福岡県八女市
WEB:
https://www.e-azuma.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/kazuyoshi.nakashima.14

取組の紹介

災害時にも対応した地域エネルギー循環システムのプロジェクト。「地域の再生可能エネルギーを地域の企業などの力だけで創り出し、地域内で直接利用すること」を目的として、地域の事業所などの屋根上を中心に、無償で太陽光パネル(+蓄電池)を設置する事業を開始いたしました。広がれば広がるほど町が強くなるシステムとなっており、防災面・地域経済面共に満たし、持続可能な地域づくりに繋がります。

八女地域で太陽光発電施設などを施工している㈱アズマと地元資本100%の地域新電力のやめエネルギー㈱は、共同で同プロジェクト(名称:LED’S - Local Energy Direct Supply)を推進しており、わずか2か月の間に110か所での実施が決まりました。また、他地域からも同モデルを参照し、取り組みたいとの声が上がってきております。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

エネルギーの地域循環を意識した地域で、条件さえ整えばどの地域でも実施することができるので、他の地域へも普及させていきます。

プロフィール

㈱アズマは、1978年に福岡県八女市で設立。太陽光発電システムを中心とした再エネ機器類の販売・施工をおこなう。再生エネルギーを通じて「強い田舎を創る」ことを目指し、再エネ機器類を使用したシステムの普及と関連したエネルギーサービスとの連携に積極的に取り組んでいる。また、持続可能な街づくりを目指して、SDGsを通じて地域貢献に取り組む。

同プロジェクトの共同パートナー企業である「やめエネルギー㈱」は、2017年に㈱アズマも含めた地元の企業・団体73社が共同で出資し設立。同プロジェクトでは、㈱アズマは、LED’Sの施工・メンテンナスを担当し、発電システムを所有(TPO)。また、やめエネルギー㈱は、電力需要家に対して不足分の電力供給や余剰電力の対応などを行う。