取組紹介

“2000人のSDGs” 「環境ラリー」でSDGsを“自分事”に
大栄環境株式会社
第8回グッドライフアワード
活動拠点:
関西・東海・関東・北海道
WEB:
https://www.dinsgr.co.jp/csr/sdgs

取組の紹介

本業の廃棄物処理事業をSDGsにからめて展開する傍ら、2014年から取り組んでいる「環境ラリー」にもSDGsを取り入れ、部門部署間や従業員間で競いながら、SDGsを「自分事」になるように目指す。そのうえで、必ずしもよくない業界イメージを少しでも払拭し、働きがいのある居心地のいい企業グループになりたいと考えている。

ある一つの事業所で始まった「環境ラリー」という取り組みがグループ全体に広がり、かつSDGsを絡めることによって、小さな活動だったものが2000人超の従業員で取り組むまでに広がった。ひとりひとりの活動はささいなものだが、多くの仲間と取り組むことで、社会貢献になり、自らの誇りにもつながる。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

みんなで稼いだポイントを金額に置き換え、自然災害被災地への義援金や貧困・飢餓に立ち向かうNPO等への寄付活動に使う

プロフィール

1979年の創業以来、廃棄物の再資源化・リサイクルに携わり、近年は災害廃棄物処理への出動が増えてきました。2018年からは、5つの事業に6つのゴールを紐づけして「SDGs私たちの約束」を立ち上げました。一方、2014年から取り組む「環境ラリー」に組み合わせて、SDGsを「自分事」としてとらえられるようにし、現在2100人を超える従業員が取り組んでいます。