取組紹介

子ども服のシェアリングサービス「キャリーオン」
株式会社キャリーオン
第9回グッドライフアワード
活動拠点:
全国
WEB:
https://carryonmall.com/

取組の紹介

子供服に特化したシェアリングサービス「キャリーオン」を展開しています。ファストファッションが代表するように、アパレル業界では商品の入れ替えやトレンドの移り変わりが激しいことが特徴として挙げられます。そのため、未着用のまま廃棄されてしまう商品も少なくありません。そこで私たちはインターネットやスマートフォンを通じて、着られなくなった子供服を販売し、好みの中古の子供服を購入できるサービスを運営しています。

2013年にサービスを開始し、現在会員数は7万人を突破しました。新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、会員数は増加傾向にあります。買取点数はこれまでに80万点を超えました。そのほか、子供たちの未来を支えるための社会貢献活動にも力をいれています。 送られてきた子供服を査定し、買取った金額を国立成育医療研究センターに全額寄付する取り組みや、途上国の母子をサポートするプログラムなどにも参画しています。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

子ども服に特化したシェアリングサービス「キャリーオン」を展開し、持続可能なビジネスを通じて新しい価値を創造しています。

プロフィール

子供服は多数のアイテムが必要である一方で、必ず不要になってしまうため、シェアビジネスに一定のニーズが存在すると予想。何より子育てママにとってありがたい事業であることを確信して、現在までサービスの展開を続けてきました。

2013年5月設立。未就学の子ども(0〜5歳)を持つ30〜40代ママに寄り添う企業として、子供服における日本最大級のシェアリングプラットフォーム「キャリーオン」を展開しています。さらにママの育児や生活を楽しく、そしてママの雇用を変えるべく活動を続けています。