取組紹介

はちみつから考える地域の暮らし
〜みつばちを取り巻く地域資源〜 
空水土coup mead(クーミード)
第9回グッドライフアワード
活動拠点:
島根県益田市

取組の紹介

はちみつは地域の自然がぎゅっと詰まったもの。生産者として はちみつ やみつばちを巡る環境、生態系への気候変動の近年の影響は見過ごせないものがある。私たちのはちみつやワークショップを通して、地域の自然環境に関心を持ってもらい、ライフスタイル(日々の暮らしや消費のあり方)を見直す方が増えて欲しい。

はちみつの生産、販売の中で感じる地域の多様性や生態の豊かさ。そしてそれを取り巻く近年の気候変動。商品を作って販売するだけではダメだと感じています。はちみつを通して地域の環境に興味を持ってもらえるワークショップや地域の学校との連携した活動を行っています。地産地消への意識を広げることも地域経済の健全な循環には必要なことだと考え積極的に地域の飲食店さんと連携をしています。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

はちみつは地域とともにあるもの。地域の穏やかな毎日の暮らしと自然環境がかけがえのないものだと改めて気づいてくれる人が今後もっと増えて欲しい。

プロフィール

島根県益田市で農業と養蜂を行っています。小さな小さな 規模ですが、環境負荷の少ない選択を心がけています。

生まれ育った地域の豊かさが凝縮される養蜂に魅了された父が作るはちみつを娘が2017年から販売を始め当初からエシカル、サスティナブルを意識していましたが 「はちみつを生み出す地域」の豊かさを伝え、地域を大切に思ってくれる人を増やすことを目標にしています。