取組紹介

ウニ畜養で磯焼け対策と循環型社会の実現へ
ウニノミクス株式会社
第9回グッドライフアワード
活動拠点:
国内:⼤分、⼭⼝、宮城、⻘森、北海道、など
海外:ノルウェー、アメリカ、カナダ、台湾、など
WEB:
https://www.uninomics.co.jp/
Facebook:
https://www.facebook.com/Urchinomics-1696438813735683/

取組の紹介

地球温暖化などの環境変化が主な原因となり、増えすぎたウニによって藻場が⾷い荒らされる磯焼けは、⽇本を含め世界各国で⼤きな環境・社会問題となっております。 弊社は磯焼け対策として厄介者ウニを漁業者から買い取ることでウニ駆除活動を促進、痩せたウニを畜養することで地域に新たな産業、特産品を⽣むことで、海の環境保全と地域漁業、経済の持続的発展を同時に叶える循環型ビジネスの実現に取り組んでおります。

磯焼け解消には定期的なウニ駆除によるウニ個体数管理が不可⽋ですが、磯焼けウニは痩せており可⾷部が無く売り物にならないので通常は漁獲されず、かつ⼗分な駆除には⼈件費など多⼤な費⽤がかかり容易ではありませんでした。 弊社はウニを効率的に畜養する技術とビジネスモデルを確⽴し、世界で初となる磯焼け対策を⽬的とした陸上でのウニ畜養を⾏う事業会社「⼤分うにファーム」を⼤分県漁業者と共同で設⽴し事業化させました。

プロジェクトが目指している事、今後やりたい事

⼤分うにファームを先⾏事例に、磯焼けに苦しむ国内外の沿岸地域へ磯焼け対策としてウニ畜養事業横展開に注⼒。 畜養ウニのエシカル消費への訴求。

プロフィール

地球温暖化などの環境変化が主な原因となり、増えすぎたウニによって藻場が⾷い荒らされる磯焼けは、⽇本を含め世界各国で⼤きな環境・社会問題とな っております。弊社は磯焼け対策として厄介者ウニを漁業者から買い取ることでウニ駆除活動を促進、痩せたウニを畜養することで地域に新たな産業、特産品を⽣み、海の環境保全と地域漁業・経済の持続的発展を同時に叶える循環型ビジネスの実現に取り組んでおります。